• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス
みんなの整骨院ホーム > 交通事故むち打ち治療 > 慰謝料・補償・料金

交通事故の現状・・・

慰謝料とは、交通事故の被害者になることに対する、心の負担や苦痛を精神的苦痛の損害ととらえ、それを金銭によって癒す賠償のことをいいます。交通事故の治療で、自賠責保険や任意保険を利用して通院した場合には、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われるので、患者様の負担(治療費)はありません。 また、ひき逃げに遭われたり相手側が保険未加入の場合でも、特別な補償制度もございます。事故の場合、患者様の健康保険は使用しませんが手続き申請後使用することも可能です。
 

交通事故の補償(慰謝料含む)の限度額と種類・・・

障害による損害
被害者1名につき、1日4,200円傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われます。

後遺障害による損害
被害者1名につき、最大4,000万円(要常時介護 第1級)後遺障害による損害は、障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料等が支払われます。

死亡による損害
被害者1名につき、最大3,000万円死亡による損害は、葬儀費、逸失利益、被害者および遺族の慰謝料が支払われます。

 

交通事故の現状・・・

自賠責保険(共済)は、交通事故に遭われた方々に対し、政令で定められた一定の保険金(共済金)等の限度額の範囲内で支払うものです。 損害保険会社(組合)は、傷害、後遺障害、死亡のそれぞれの損害額の算出基準を定めた支払基準に従って支払わなければならないと決められています。算定基準には、労働能力喪失率や、 就労可能年数、平均余命年数や、 年齢毎の平均給与額なども含まれます。
 

保険金が適用されないケース・・・

いくら交通事故と言っても、100%被害者の責任で発生した事故(無責事故)については、相手車両の自賠責保険金(共済金)の支払対象になりません。 具体的には以下のようなケースが当てはまります。

・被害車両が、センターラインをオーバーしたことによる事故の場合
・被害車両が赤信号無視したことによる事故の場合
・追突した側が被害車両の場合
 

お支払いが予定されている損害の範囲と基準

自賠責保険では次のような損害についてお支払いが予定されています。
※この基準は概略ものですので、詳細につきましては、各保険会社窓口にご相談ください。



 
損害項目 内容 お支払い基準 必要書類
治療費 診察・施術料 通院費 通院に要した交通費
(タクシー代等)


通院費 通院に要した交通費
(タクシー代等)


必要かつ妥当な実費 通院交通費明細書
領収書


診断書 診断書報酬明細書等の発行費用 必要かつ妥当な実費  
休業損害 事故による損害のために発生した収入の減少
※主婦は家事従業者として含む


休業1日につき5、700円程度
これ以上に収入減の立証がある場合は上限20,000円程度実額


給与所得者の場合
休業損害証明書(前年分の源泉徴収票を添付)
事業所得者の場合
前年分の確定申告書(控)・職業証明書


慰謝料 精神・肉体的な苦痛に対する補償 通院1日につき4,200円程度  
治療費:検査・治療にかかった費用で、自賠責では健康保険と手続きが異なり、患者様の窓口支払いはなく、
全額(10割)を加害者の保険会社を通して各医療機関に支払われます。

通院費:事故によって車に乗れない為にタクシー等で通院していた等の際に支給されます。
診断書:自賠責の他に患者様ご自身で加入されている傷害保険の手続きを行いたい場合や職場に提出する等の際に必要とします。当院では3,000円で発行しています。

休業損害補償:事故証明や病院での検査・治療の為に仕事を休まざるを得なかった場合に支給されます。
パートタイマーの方やアルバイトの方にも適用となり、専業主婦の方には家事従事者として
主婦休害保傷一日当たり約4,000円支給が適用されます。


慰謝料:事故に対する精神的・肉体的苦痛・通院の手間に対するいわゆる「慰め料」です。通院一日に対して
支給されます。

※自賠責における治療期間はおおむね三ヵ月程度を目安として、治療過程等において医師の診断をお願いすることもありますので、ご理解の程宜しくお願いします。