• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2013年10月28日 月曜日

交通事故の過失相殺

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日から交通事故の過失相殺について書きますね。


例えば、自転車で横断歩道ではない道路を横切ろうとして車にはねられて
ケガをして総額100万円の損害を受けたとします。


基本的には大きいもの(車)が悪いのですが、自転車も横断歩道ではない所
を渡らなかったという過失があります(大体30%くらい)。


その場合、自転車の運転手の損害賠償は、100万円から30%減額され、
70万円ということになります。


このように被害者にも過失がある場合、加害者だけに損害を負担させるのは
正しい解決法ではなく、お互いの過失の割合に応じて公平に負担しあうべきだと


いうのが【過失相殺】という考え方です。


車と車の場合、双方が被害を受けることがあります。
事故の原因は双方の不注意にあるとすると、被害者は同時に加害者ということに
なります。


このような場合、損害賠償はお互いの過失割合により相手からもらうべき額と
相手に支払うべき額を計算し差額を精算することになります。

記事URL

2013年10月21日 月曜日

交通事故の物損事故

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日も交通事故の物損のうち、休車料について書きますね。


例)
タクシー会社の場合、一日平均の売上から、ガソリン代・人件費・その他
諸費用を差し引いた金額が一日の純利益となり、
この純利益が休車損害ということになります。


ほかに、トラック運送会社・引越し会社・会社の営業で車を使う場合なども


同様に当てはまります。


ここで気になるのが、利益率をどの程度見るか、ということが問題になります。


過去の事例では、タクシーの場合、一日の売上の2~3割を純益とみなされる


ことが多いようです。


純益は他の業界もどうように業界の平均値から純益を算出するようです。

記事URL

2013年10月19日 土曜日

交通事故の物損事故

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日も交通事故の物損のうち、代車料について書きますね。


代車料は、相当な修理期間または買い替え期間中、レンタカーなどの


使用により、代車を利用した場合に認められます。


ここで相当な修理期間とは、通常は1週間~2週間程度です。


部品の取り寄せの必要がある場合などは、多少長期になります。


ただし、修理に出すのが遅れた期間中の代車料は、あまり認められない


でしょう。


また高級車の乗っていた場合、それに見合った代車に乗れるかどうかは、


ケースバイケースなようです。

記事URL

2013年10月18日 金曜日

交通事故の物損事故

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日も交通事故の物損のうち、修理せずに車を買い替えた場合について書きますね。


交通事故で損害を受けた車を修理せずに下取りしてもらった場合、
事故当時の時価から下取り価格を差し引いた金額を相手方に請求することができるのか
という問題について述べたいと思います。


仮に修理をした場合の修理費が、その差し引いた金額よりも安い場合には、
原則として安い修理費が損害額となります。


その差し引いた金額をそのまま損害と認めることはできないのです。


従って、下取りしてもらう場合には、車体の構造部分に重大な損傷がないか
十分注意する必要があります。

記事URL

2013年10月17日 木曜日

交通事故の物損事故

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日も交通事故の物損のうち、損害による時価評価の方法について書きますね。


交通事故による自動車の時価および事故後の時価をどう評価すればよいかという


問題があります。


①事故前の自動車の時価
●新車の場合
購入価格=時価
ということになります。


●中古車の場合
中古市場における同一の車種・年式・型、同程度の使用状態・走行距離
などの自動車の取得価格が時価となります。


あなたが乗っている自動車の中古市場での価格がいくらであるのか知りたい


時は、自動車価格月報(レッドブック)や中古車価格ガイド(イエローブック)を


見ればある程度分かるでしょう。


それでも自動車の正確な時価が分からない場合は、税法上の減価償却法を


利用して自動車の時価を算定するという考え方もあります。


②事故後の自動車の時価
通常は、修理工場に査定してもらうか、日本自動車査定協会という財団法人に査定
してもらうのが良いでしょう。


日本自動車査定協会に査定してもらうと、
「事故減価額証明書」を発行してくれます。

記事URL