• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2015年8月 6日 木曜日

福岡市東区 足首の捻挫の対処法

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

交通事故によるむちうち施術ならみんなの整骨院にお任せください。
実績多数あり。


今日は捻挫の中でも特に多い、足首の捻挫の対処法について書きますね。

みなさんも足首の捻挫は今までで1度はしたことがあるのではないでしょうか?

足を踏み外したり、ジャンプして着地に失敗した際に起きるケースが多いですね。


で、治療はというとどんな事をされていますか?

大体はシップを貼ってしばらく安静という方が大半ではないでしょうか?


もちろん、それでもある程度日数が経てば落ち着きますが、

その場合、一つ注意して頂きたいことがあります。

足首を正常な位置の状態で保つことが重要になります。


なぜかというと、足首が内向いた状態でいると、足首の靭帯が伸びきってしまい

足首がゆるくなります。

そうすると、反対側の足首との硬さの左右差が出てきて、バランスが悪くなります。

一般の方であればそうは問題ないと思いますが、スポーツ選手などは、パフォーマンスが

落ちる場合があります。


そうならないためにも、足首の捻挫の治療はシップを貼るだけでなく、ちゃんと足首を正常な

状態に固定しておく必要があります。


ちなみに、先日妻が足首を捻挫しました。
実験でその日は何もせずに次の朝を迎えると、ものすごく痛がっていました。

従って、私がした治療法は以下の通りです。

①足首周辺の筋肉を緩め、足首痛に聞くツボを刺激

②患部にシップを貼る

③その上にテーピングで固定

通常はこの処置で大丈夫なのですが、まだ半分くらい痛みが残っていて辛そうだった

ので、痛み止めの薬を朝昼だけ(1日のみ)飲んでもらいました。

そうすると、次の朝はどうなったでしょう?


痛みは1~2は残っているが、歩いている分はほとんど問題ないと言っていました。

まぁ痛み止めには抗炎症作用の薬も入っているので、2回の薬で炎症が取れて、

筋肉の痛みだけが残った結果、上記のようにかなり改善したのでしょう。


あまり薬は勧めませんが、ものすごく痛い場合は上記の治療と平行して1日だけ

薬を飲むといいでしょう。
※炎症が取れるからです。

ただ、炎症ならばとにかくアイシングすることでも落ち着きます。


いずれにしても、足首の捻挫の治療はシップを貼るだけではダメだということでしたhappy01


◆福岡市東区で交通事故のむちうち治療をお探しなら
「みんなの整骨院」にお任せください。
足首の捻挫もきちんと改善します。


カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31