• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2015年7月15日 水曜日

福岡市東区 交通事故による過失割合

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

交通事故によるむちうち施術ならみんなの整骨院にお任せください。
実績多数あり。


今日は交通事故による過失割合について書きますね。

交通事故を起こした・起こされた場合、一般には加害者・被害者に分かれます。

この際、もめるケースが多いのが上記の過失割合です。

とくに注意いただきたいのが、被害者であっても過失があるケースがあります。


色々ケースはありますが、基本的に被害者が止まっていた場合は過失は

ありません(過失ゼロ0です)。

逆に被害者であっても少しでも動いていれば、過失が出てくるのです。
※被害者の状態はこの場合、車・バイク・自転車などに限ります。
※被害者が歩行者の場合はこの限りではありません。

従って、被害者からすれば、

「被害にあったのに、動いていたからって言って、こちらに過失があるのは

なっとくできない!!」

というケースは多いです。

もちろん、相手の保険会社の担当者も色んな事故のケースに遭遇しており、

過去の似たような事故や裁判等の判決から妥当な過失割合を提示します。

従って、

「私は被害者だから、過失は絶対にないから認めない!!」

と言っても、それで過失がゼロになることはないでしょう。


ただし、過失割合の少し少なくすることは話し合い等で可能な場合もあります。

これには、時間と根気・場合によっては弁護士等を入れることにもなれば

大変なこともありますが、多少過失が軽くなる場合もあります。


しかし、これは例外で基本的にははじめに提示された過失割合が

妥当な所でしょう。

ただ、どうしても納得いかない場合は、弁護士を付けたり、根拠となる

資料を求めるのも一つの手かもしれませんねhappy01


◆福岡市東区で交通事故のむちうち治療をお探しなら
「みんなの整骨院」にお任せください。
交通事故の過失割合もご相談下さい。
専門の弁護士等をご紹介します。


カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31