• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2015年4月13日 月曜日

福岡市東区 自転車事故の損害賠償例

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

交通事故によるむちうち施術ならみんなの整骨院にお任せください。
実績多数あり。


今日は自転車事故について加害者となった場合の損害賠償例について書きますね。

自転車事故の現状として、
全交通事故に占める自転車事故の割合はどの位かご存知でしょうか?



・・

・・・

なんと20%占めるのです。

また年代別では、10代が交通事故全体の30%を占めています。

自転車は、便利な乗り物ですが、利用の仕方によっては大きな事故になりかねる
場合もあります。

今日はそんな事故の賠償例を書きます。

被害者
60代女性

加害者
10代男性(学生)

事故の状況
自転車が通行可能な歩道を自転車が走行中に、向いから歩いてきた歩行者の

ショルダーバッグに肩紐にハンドルが引っかかり、歩行者が転倒した。

この方は、結局腕を骨折し長期の入院をしました。

さらに、骨折は治ったが変形や日常生活にもかなり不便をきたすという
後遺症も残りました。

この結果、損害賠償はいくらだと思いますか?



・・

・・・

なんと、1,500万円です!!!

もちろんこの学生に支払い能力はないので、保護者に支払い責任が生じます。

しかし、1,500万円払えますか?


ほとんどの方は払えないでしょう。

だから自転車保険があるのです。

当院では自転車事故の治療はもちろんですが、保険や補償等のことにも
協力関係にある、弁護士や行政書士、保険屋さんがいらっしゃいますので、

ちっちゃなことでもご相談下さい。

事故は起こってからでは遅いのです。
転ばぬ先の杖です。

早め早めが大事ですよheart01happy01

◆福岡市東区で自転車事故のむちうち治療をお探しなら
「みんなの整骨院」にお任せください。
天気痛もお任せです。




カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31