• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2015年3月17日 火曜日

福岡市東区 天気痛(続き)

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今日も前回に引続き天気痛について書きますね。

前回の話では、
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
原因は耳だったのです。

では耳にどのような作用が起きているのでしょうか?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
までお話しておりました。

その続きからいきましょう。

耳には内耳(ないじ)という所があるのですが、
研究でその内耳が気圧の変化を感じとる機能があるのです。

内耳の気圧センサーが気圧の変化を感じ取ると、
センサーが興奮し、交感神経を興奮させ、

むちうちの箇所や古傷に作用するのです。

これが天気痛の原因と作用でした。

では、治療法は?
というと、

内耳の興奮を抑えればいいのです。

方法としては、
①薬
乗り物酔いの薬は、内耳の興奮を抑える作用があるので、
天気痛には効果テキメンです。

②ツボ
内耳の神経を抑えるツボを押さえることで、天気痛に作用があります。

③酸素カプセル
気圧を上げることで、低気圧と反対(天気の状態)を保てるので、
これも効果があります。

当院もむちうちによる天気痛の患者様が多くいらっしゃいますが、
原因と解決法が発見されて、より施術に効果がでるでしょう。

嬉しい限りですdelicious

福岡市東区 交通事故による天気痛(続き)の治療をお探しなら「みんなの整骨院」にお任せください

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31