• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2015年2月26日 木曜日

事故の後遺症(天気痛)

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今日は交通事故に遭って、病院などで治療はしたが、完全には治らず、
後遺症が出た場合のことについて書きますね。

後遺症、後遺症って言うけど、後遺症ってどんなものなの?
とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

後遺症で多いのが、主に以下のような症状です。

①天気が悪くなる(雨など)と首や腰が痛くなる

②急に寒くなると首や腰が痛くなる

これらの原因は主に気圧の問題が関係しているところまでは解明されていたのですが、
最近になってより原因がはっきりしたみたいです。

原因は、耳の内耳という所があるのですが、そこが天気が悪くなると異常興奮して
それが事故で怪我(むちうち)した所を刺激して痛みが出るのだそうです。

従って、その内耳の神経興奮を抑えると痛みが軽減するそうです。

薬として効果があるのが、酔い止めの薬だそうです。
※二日酔いの薬ではなく、乗り物酔いの薬です。

この乗り物酔いの薬も内耳の神経興奮を抑える効果がある。

結果、刺激が痛めた所に伝わらない。


という図式が出来上がるそうです。

もちろん、当院では薬は処方できませんが、内耳の神経興奮を抑える
経絡療法はあります。

この経絡療法を続けることで、内耳の神経興奮が天気が悪いときでも
出にくくなる。

天気痛がなくなる。


これまでも、交通事故のむちうち治療では数多く改善をしてきましたが、
交通事故後、数年経って来られた患者様への対処は中々成果が上がりませんでした。

しかし、この情報を知ってより施術できる幅が広がりました。

交通事故でお怪我をされた方は、より改善できるようになります。

私としても嬉しく思います。

早く世の中でむちうちで悩んでいる方がなくなることを願って施術に専念したいと思います。

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31