• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2014年5月 2日 金曜日

交通事故の任意保険会社への被害者請求で被害者が死亡した場合

交通事故によるむちうちの痛み、重い腰痛・肩こりでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療、重い腰痛・肩コリ専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市東区、和白・三苫・奈多・唐原、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ むちうちでお困りの方はココ


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむちうち治療、重い腰痛・肩こり施術を得意としている、
福岡市東区和白のみんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日は交通事故の任意保険会社への被害者請求で被害者が死亡した場合について書きますね。

被害者の損害賠償請求権のうち積極損害・消極損害を問わず相続の対象となります。
基本は被害者の慰謝料と相続人の数の慰謝料合計を考慮することなく、慰謝料の総額を決める
ようです。

被害者の相続人は、被害者本人の保険金の請求と同様に考えればよいのです。

内縁の妻や未認知の子供については請求権が争われますが、被害者本人に内縁の妻とは別に
相続人がいる場合には、相続人との間で示談が成立してない限り、請求は困難です。

相続人がいても遺言ですべての財産が遺贈されている場合や相続人がいない場合には
内縁の妻であることを証明すれば、支払いを受けられます。

また、認知していない子供については、認知訴訟によって親子関係を確定しなければ、
保険会社は支払いをしません。

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31