• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2014年3月 6日 木曜日

交通事故の過失割合の判定

交通事故によるむちうちの痛み、重い腰痛・肩こりでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療、重い腰痛・肩コリ専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市東区、和白・三苫・奈多・唐原、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ むちうちでお困りの方はココ


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむちうち治療、重い腰痛・肩こり施術を得意としている、
福岡市東区和白のみんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日は交通事故の過失割合の判定について書きますね。


具体例32)
高速道路で進入路から走行車線に進入する合流車と本線車が衝突した場合

高速道路では、本線に入ろうとする車両は本線車道を走行する車両の進行を妨害

してはならないとされています。

従って、過失割合は合流車の方が大きく、70%とされています。

しかし、合流車が加速車線を走行している場合には、本線に入ってくることが予想

されるため、本線車両に速度違反(10~20%)、急加速(10~20%)があれば、

合流車の過失は減少します。

逆に合流車両の進入速度が遅かったり、本線車両との車間距離が少ない場合など

合流方法が適切でなかった場合には10~20%の範囲で過失が加算されます。


カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31