• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2013年11月 7日 木曜日

交通事故の過失相殺

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日は交通事故の過失相殺について自賠責保険・労災保険はいつ
差し引くのかを書きますね。


死亡事故の場合、損害の総額を5,000万円とし、被害者の過失が
30%とすると、過失相殺した後の損害金は3,500万円になります。

それに対し、まず自賠責保険から保険金の限度額3,000万円が
支払われ、残りの500万円を任意保険等に請求することになります。


しかし、過失相殺を自賠責保険を上回る損害についてだけ行った裁判例も
あります。


それによると、5,000万円から自賠責保険の3,000万円を差し引いた残り
2,000万円について過失相殺しますので、自賠責保険の他に1,400万円、
つまり
3,000万円(自賠責保険の限度額)+1,400万円(2,000万円×70%)
=4,400万円
となり、先程より900万円ほど高くなっています。


被害者にはこちらが有利ですから、裁判で争う時はこの方法を主張してみても
よいでしょう。


労災保険も同じ理屈です。

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31