• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2013年10月28日 月曜日

交通事故の過失相殺

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日から交通事故の過失相殺について書きますね。


例えば、自転車で横断歩道ではない道路を横切ろうとして車にはねられて
ケガをして総額100万円の損害を受けたとします。


基本的には大きいもの(車)が悪いのですが、自転車も横断歩道ではない所
を渡らなかったという過失があります(大体30%くらい)。


その場合、自転車の運転手の損害賠償は、100万円から30%減額され、
70万円ということになります。


このように被害者にも過失がある場合、加害者だけに損害を負担させるのは
正しい解決法ではなく、お互いの過失の割合に応じて公平に負担しあうべきだと


いうのが【過失相殺】という考え方です。


車と車の場合、双方が被害を受けることがあります。
事故の原因は双方の不注意にあるとすると、被害者は同時に加害者ということに
なります。


このような場合、損害賠償はお互いの過失割合により相手からもらうべき額と
相手に支払うべき額を計算し差額を精算することになります。

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31