• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2013年10月12日 土曜日

交通事故の物損事故

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日も交通事故の物損のうち、積極損害の代車と休車損害について書きますね。


修理が可能な場合と不可能な場合とに共通する損害として、代車料と休車損害の


2つがあります。


この2つの意味は、交通事故にあう以前に使用していた自動車が事故によって


使用できなくなったことによって生じた損害のことです。


つまり、
代車料
自動車を修理に出している期間中、または新車を購入する期間中、
当事者はその間に別の自動車を使用しなければなりません。

その場合、その別の自動車を使用した場合のレンタル料が、
自動車を使用できなくなったことによって生じた損害の損害額という
ことになります。
これを代車料といいます。


一方、
休車料
職業がタクシー運転手の場合、この車が使用できなくなると当人は
その間営業ができなくなり、収入が減少することになります。
従って、その減収分の損害は賠償されなければなりません。
これを休車料といいます。
なので、休車料は営業者の場合に限って認められるのです。


その他、
自動車の買い替えをしなければならない場合の登録費用や車庫証明費用、


事故に遭った自動車の引揚料、自己証明交付手数料も損害となります。

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31