• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2013年9月18日 水曜日

後遺障害による逸失利益

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日は交通事故の後遺障害による逸失利益について書きますね。


後遺症によってそれまでのように仕事ができなくなる事があります。


そのための減収分は逸失利益として請求できます。


計算は、
【 年収×労働能力喪失率×労働能力低下期間 】による減収分から
中間利息を控除したものです。


①死亡の場合
この場合100%収入がなくなるが、後遺症の場合はその程度(労働能力喪失率)
に応じて減収になるものと考えられる。


②減収になる期間(=労働能力低下期間)
死亡の場合と同じだが、個々のケースによって長くなったり短くなったりする時がある。


③死亡の場合の生活費
この場合生活費は控除されるが、後遺症の場合は、生活費が支出されることには
変わりがないので、生活費控除をしない。

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31