• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2013年9月13日 金曜日

示談後に後遺症が出た場合(診断書)

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日は交通事故の中でも示談後に後遺症が出た場合について書きますね。


後遺症について請求できるといっても、そう簡単に認められる訳ではありません。


問題はその交通事故の結果発生した後遺症であるかどうかです。


特に事故から数年経っている場合、交通事故によってのものなのか判断が


つきにくいです。


従って、最終的には医師の診断書で決めるしかないのです。


なので後遺症が疑われる場合、事故の状況やその後の状態を詳しく医者に


話して後遺症に該当するかを検討してもらいます。


この場合、一箇所だけでなく複数の病院で診てもらって一番信頼できる先生に


診断してもらうの事が重要です。


後遺症であると認められれば、本来もらえるはずの損害賠償額からすでにもらった


分を差し引いて差額をもらうことになります。

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31