• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2013年7月12日 金曜日

休業損害その2

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日は交通事故で怪我をして会社や家事を休まざるを得ない場合に発生する
休業損害について書きますね。


その中で、今日は専業主婦、OL主婦、学生・無職者の方を取り上げます。


①専業主婦の場合
交通事故に遭い、火事を休んだ場合にどうように損害額を計算すべきかは、


賃金センサスの女子労働者の全年齢平均の賃金額を基礎とします。


女子労働者の平均賃金額は年収で妬く350万円くらいなので、


月額あたりはその12分の1になります。


②OL主婦の場合
これは勤めている会社の平均賃金にのっとっての損害額になります。


③学生・無職者の場合
学生や児童などは基本的に休業損害は認められませんが、


学生がアルバイトに従事している場合は、アルバイトの期間や収入の確実性


程度によっては休業損害が認められることがあります。


また以前の会社を辞め、現在休職中の場合は休業による減収はないので、


原則として休業損害は認められません。


ただ、交通事故に遭った時点で、具体的な就職先が決まっており、


交通事故によって就職する時期が延長した場合は、就職予定時から


実際に就職するまでの間の収入を損害を請求できます。

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31