• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2013年7月11日 木曜日

休業損害その1

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日は交通事故で怪我をして会社や家事を休まざるを得ない場合に発生する
休業損害について書きますね。


その中で、今日はサラリーマン・OL、パートタイム、
個人事業主の方を取り上げます。


①サラリーマン・OLの場合
交通事故でケガをして会社を休まざるを得ない場合、休業損害は


受傷によって休業したことによる現実の収入減とされ、交通事故前の収入を


基礎として計算されます。


②パートタイムの場合
パートタイムの場合、通常短期の就労をしていますので、賃金も日給制である


ことが多いです。


③事業所得者の場合
個人事業主の場合、事故における加害行為と被害者の受傷による会社の利益


の喪失との間に相当因果関係があれば会社の利益喪失分を請求できます。


また事務所などテナントを借りていた場合、休んでいた間も家賃などの固定費は


発生します。


その場合も、損害として請求できるとされています。


ただ、勤務時間・勤務日数・勤続期間によって正社員と同じ収入とみなされる


場合もあります。

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31