• HOME
  • 医院・スタッフ紹介
  • 当院の診療項目
  • よくある質問
  • 患者さまの声
  • 診療時間・アクセス

みんなのBLOG

2013年5月21日 火曜日

交通事故の加害者の場合

交通事故によるむち打ちの痛みでお悩みの方は、
福岡市東区和白の交通事故治療専門のみんなの整骨院へご相談ください。
福岡市、福津市、古賀市、新宮町、志免町、粕屋町から来院されております。



→ 交通事故の治療はこちらをクリック


こんにちは。


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


交通事故によるむち打ち治療を得意としている、福岡市東区和白の
みんなの整骨院から無料で健康情報をお届けします。


今日は昨日言っていた、交通事故を起こした加害者について書きますね。


加害者というのは必ずしも一人という訳ではありません。


複数が関与している場合もあります。


このようなことを「共同不法行為」といいます。


ではどのようなことが共同不法行為に当たるかといいますと、
(交通事故)



車両同士の追突で、歩行者が怪我をした場合

各車両の運転者



無免許者に車を貸して事故を起こした場合

無免許者とその貸した者



助手席に座って運転を教えている途中に事故が起きた場合

運転手と助手席の者



車を運転することを知りながら、アルコールを勧めた場合

運転手とアルコールを勧めた者



飼っている動物が突然道路に走ってきて衝突されたために
暴走して事故を起こした場合

暴走した運転手と飼い主



道路のくぼみなどにはまって自転車や歩行者が転倒した
ところに後続車が走ってきた場合

後続車の運転手と道路管理者


他にもいろいろありますが、ざっとこのようなところです。


共同不法行為者はそれぞれが連帯して損害賠償責任を負います。


従って、被害者は共同不法行為者の誰に対しても、


または全員に対して損害賠償を請求することができます。
※一人が全てを賠償すれば残りの者は責任を免れます。

カテゴリ一覧

カレンダー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31